ネット副業の収入、確定申告はしてる?

自宅で気軽に取り組むことができる副業として、ネット副業に取組まれている方も多いのではないでしょうか。インターネット環境さえあれば、自宅だけではなくどこでも取り組むことができる仕事として注目されているため、すでにネット副業で副収入を得ている人も多いかもしれませんが、ネット副業で得た収入をしっかり管理して確定申告を行なっていないというような人も意外と多いのではないでしょうか。
副業で得た収入はどのような形で稼いだとしても、規定の金額を超えた場合には確定申告を行なう必要性があります。副業の場合には年間で20万円以上の所得が発生した場合には確定申告を行ない、納税の義務が生じます。この所得というのが大きなポイントになっており、ネット副業で得た報酬が20万円きっかりだった場合、これは20万円の所得になるということではありません。ネットを用いて副業を行なっているわけですから、通信料金や電気料金なども必要になります。これは収入を得るために必要となった経費となります。所得というのは報酬から経費を差し引いた金額になり、例えば経費が年間で5万円必要だったというような場合には収入の20万円から5万円を引きますので、15万円の所得になり、納税の義務は生じません。
ネット副業であまり多くの収入を得ていないというような人でも、一万六千円ほどの収入がある場合には納税の義務が発生している場合があります。所得が年間20万円を越えているけれどこれまで申告してこなかったというような人は、脱税などで税務署から連絡があったわけではないので大丈夫だろと思われているかもしれませんが、実はそれは税務署に泳がされているだけかもしれません。税務署は一定期間の経過観察を行なって脱税を突き止めると言われています。収入が少ないから目をつけられないと思ったら大きな間違いです。ネット副業の場合は報酬の多くは振込みなどとなっているため、ネットシステムによって全て監視が出来るようになっていますし、今後更にネットビジネスのやり取りは強化されて脱税を防ごうという動きに変わっています。そのため、所得を20万円越えた場合には必ず申告を行なうことが大切です。
税金対策としては、経費として申告できるものはしっかりと把握しておくことです。収入だけを申告してしまうと本来経費として差し引くことが出来たものが差し引かれなくなり、納税の義務が生じなかったのに、支払うはめになるかもしれません。そうならないためにも経費について理解しておくことも大切です。